【和太鼓演奏事例】
2018年8月 インナー向けイベント

・種別:インナー向けイベント
・クライアント:中古車ディーラー
・実施日:2018年8月17日
・派遣内容:和太鼓・篠笛
・派遣人数:5人
・実施場所:ホテル宴会場
・都道府県:東京都

2018年5月、中古車ディーラーの総務部の方よりご連絡を頂きました。
半期に一回の社内イベントの余興として、和太鼓の演奏をご要望とのことで、和太鼓の演者を派遣させて頂きました。

他にもいくつかの候補をお考えになっていたなか、和太鼓もその候補に含めたいとのことで、メールにてご相談を頂きました。

「和太鼓=出陣」というイメージでお声がけ頂いたものの、これまでに和太鼓のパフォーマンスはまだ見たことがない、ということで、一度弊社担当がお時間を頂き、先方のオフィスにお伺い致しました。

そちらで、先方から余興に求めていらっしゃる意義などをお伺いし、ふさわしいと思われる和太鼓の楽曲や衣装をご提案。ご検討頂くにあたり、より具体的なイメージをもってご依頼頂けるようお話しを進めさせていただきました。

そこから2週間後メールにてご連絡を頂きまして、余興として和太鼓の演奏を実施、その演者の派遣を当社にご依頼頂けることをご決定頂きました。

その後、再度、メールではなく、対面でのお打ち合わせがご希望とのことでしたので、再びお時間を頂きまして、先方のオフィスにお伺いしました。

前回のお打ち合わせを受けまして、前回よりも和太鼓の演奏の内容に関して詳細を確認。その他には当日の搬入時間・経路・演奏の以外の時間の太鼓の置き場所、演奏の内容確認など、細かくすりあわせて頂きました。

このお打ち合わせでほぼほぼすべての内容の確認を完了しました。

その後は本番前日のご挨拶のメールのやりとりのみさせて頂き、当日を迎えました。

当日は10時半に会場に入り、準備を開始しました。
12時ごろに和太鼓の準備や舞台をお借りした舞台チェックを完了しました。
その後ご用意頂いた控室にて待機し、14時半から約10分間、和太鼓の演奏のお時間を頂きました。派遣した和太鼓奏者による演奏は会場を熱気に包み、次の半期へ向けた社員の皆さまへ、エールをお送りさせていただきました。

社員の方々でのイベント運営。不明点なども多くおありとのことでしたので、メールベースではなく、対面のお打ち合わせを重視してお話しを進めさせていただきました。

ぜひご参考下さい。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close